帰ってきたチョビの秘密基地

アクセスカウンタ

zoom RSS 南紀(後編) 【10号のバカ!】

<<   作成日時 : 2006/08/20 11:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
白浜に着いて、さっそく向かった先は白良浜海水浴場。パウダー状の白い砂がビッシリ敷いてあって、綺麗で気持ちいいです。
台風の影響で波が高く、部分的に遊泳禁止となっていました。

長時間のドライブの後だったので、1時間ほど眠ってしまいました。 そのため日焼けでひりひり...。 海の方は、波で砂が舞っているので、常に濁っている状態。 スノーケルが楽しめませんでした。

海には3時間ほどいて、宿泊先に。
画像
円月島近くのペンションに泊まりました。
ここで、トラブルが発生。 付近の探索と夕食をしに車を出そうとしたら、エンジンがかかりません。 JAFを呼んで直してもらいました。 

気を取り直して、千畳敷へ。
画像
長い歳月を経て、波に削られながら、この地形になった千畳敷。 石盤は柔らかい砂岩でできてるため、あちらこちらに落書きが彫ってあったのが残念でした。
次へ行こうとしたら、またエンジンがかかりませんでした・・・。 再びJAFを呼ぶ。 バッテリーの老朽化が原因のようで、たぶん、エンジンを切ったら、またかからなくなると言われ、仕方なくペンションに戻ることに。ペンションの近くで夕食を済まし、すぐに爆睡。

翌朝、おそるおそるエンジンをかけると、かかりました♪ 昨日の長距離の山道ドライブで、疲れてたのでしょうか? これなら、なんとか帰りそうでした。 
今思うと、あの恐怖の山道でエンジンがかからなくなっていたら・・・。はたして、携帯もつながったでしょうか? 想像しただけで恐ろしくなります。

帰路は寄り道をしながら、素直に国道42号をひたすら直進。 計画では串本辺りでスノーケルをするつもりだったが、とてもそんな海況じゃありませんでした。
台風の馬鹿!!!


そして、なんとか無事に帰宅できたと思ったら、「シマピーがいないよ!」と母の一言。
どっと、疲れが押し寄せてきました。

数ヶ月前に、ETCを付けたのですが、今回の旅行で付けて良かったと感じました。 ポイントの他に、深夜早朝割引や通勤通学割引の時間帯を利用すると、かなり格安になります。
行きに深夜早朝を使い、帰りは通勤通学の時間帯を利用しました。
ただ、通勤通学は100km以内の適用なので、勢和多気から名古屋は101kmとアウトで、一つさきの松坂から入りました。でも、これで高速代が半額になるので、お得でした♪
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ひょっとして鹿がずっと憑いてたんじゃないですか?
帰れるとわかって離れたとか、昨日の話しより今日のが怖かったりして・・・


台風が来ていたとはいい旅行でしたね。
takuro
2006/08/20 13:33
>takuroさん
実はこの記事の一番初めにコメントした人に、鹿がとり憑くように設定してあったんですよ。だから、これからはtakuroさんの周りをうろつくと思いますのでよろしくお願いします。
海は残念でしたけど、めいっぱい楽しめましたよ♪
チョビ
2006/08/20 15:13
二番目で良かった!!(笑)
海水浴は天気でほんと良かったですネ。
円月島の付近に確か沈船のダイビングポイントあったような気がします。ミノカサゴが沢山いましたよぉ〜あと伊勢海老も。。。

車運転お疲れさまで〜す。いい旅行でしたネ♪
yuji
2006/08/20 21:56
今回も2番目の写真の崖のあたりに鹿が写ってますね(^^

なんて冗談はおいといて、「千畳敷」壮観ですねー。
東京からはちと遠いけど、一度はいってみたいと思いました。
Taka
URL
2006/08/20 22:49
>yujiさん
いや、yujiさんは、すでにもっと凄いのに憑かれてるので、その必要がなかったのですよ。

車の調子がよかったら、温泉とか行くつもりでしたので、その点は残念でした。
ダイビング、そろそろ1年ご無沙汰です...

>Takaさん
2枚目の写真、鹿どころか、崖すら写ってないのですけど... でも、海の上で人が座ってたりして。
東京から遠いですけど、南紀は伊豆と似たかんじですよ。
チョビ
2006/08/21 00:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
南紀(後編) 【10号のバカ!】 帰ってきたチョビの秘密基地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる