帰ってきたチョビの秘密基地

アクセスカウンタ

zoom RSS チョビ、台北に行く!

<<   作成日時 : 2012/03/11 12:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

さて、ひさウェブリです。
簡単な近況報告をすると、先月いっぱいで今まで勤めていた病院を退職し、今月の中旬から、別の職場で働くことになりました。

で、その間、時間にゆとりがあるため(ありすぎ?)、先月の29日から4日間、台北に行ってきました。

初めての、海が目的でない海外旅行で、HISの初夢フェア(だったけ?)を利用しました。


割と早めに、ツアーの予約はしたのだけど、相変わらず、無計画というか、無頓着というか、大して台湾という国も調べないで、旅行に臨みました。
実際、現地で使ったのは、「謝謝」のみだったりします。


そんなわけだから、さっそく中部国際空港でやらかすのですが、その失敗に気づくのは、もう少し後のこと。
前回のオーストラリアでは、時差を忘れましたが、今回も、ホントにしょーーーもなくって、恥ずかしいことをしでかしてたのです。



台湾は地図でもわかるように、石垣島のちょっと横にあるので、名古屋から2時間ちょいで行けます。
台北の気候は亜熱帯で、3月は雨期になるのですが、温かくって過ごしやすかったです。


空港から台北市街にバスで高速道路にのって向かうのですが、台湾の高速は渋滞が凄かったです。

画像



でも、旅行会社は、この渋滞も計算の内に入れてるようで、その時間を利用し、旅行の説明と、両替えをしてくれました。

空港の銀行でも換金したのですが、現地の方がレートが良いので、とりあえず、最初は1万円分、換金してきたので、バスの中では、2万円分を換金することにしました。



そして、ここで、しょーーーーーーーもない、たわけた間違いを犯していたことに気づきます...。


「さっきの紙幣と違ーーーう!!!」


チョビが先に換金してきたのは、中国元だったのです...。

素直に空港で「台湾に行く」と言えばよいのに、何も知らずに「元に換えてください」と頼んだのが、間違いの元でした...。元だけに...。


まぁ、そんな感じで旅行はスタートしたのでした。


日本からのツアー客はたくさんいて、それぞれが、オプショナルを申し込むので、そのままバスで、市内観光をする人、ディナーを予約する人など、様々なパターンがあります。
チョビはいったん、ホテルにチェックインしてから、夕方に小龍包を食べにいくコースを申し込んでいました。


画像


ホテルはグロリア・プリンスホテル。立地条件が良いとのことでしたが、そのお蔭で、夜のご飯は良い店(?)を見つけることができました。


ちなみに、
画像

部屋からの眺めは、こんな感じ。
綺麗な海は見えませんでしたが、地元の生活感が漂っている感じで、これはこれで、僕的には好きな風景でした。



少し部屋で休憩した後、バスの迎えがあり、今回の旅行の初イベントとなる小龍包を食べに♪


画像


バスを降りると、遠くに台北101が!! この辺から、「台湾に来たんだー!!」って感じが湧いてきました。


画像


画像


小龍包を戴くのは、県泰豊。
日本にもいくつかの店舗がありますが、ここが、その本店になります。


画像


画像


もう、ジューシーって言葉がぴったり♪ 


この小龍包のオプショナルツアーは人気があるのですが、参加して間違いはないでしょう。
しかも、その後に、旅行に行く前から楽しみにしていた、夜市にも連れてってくれるのです。



画像

県泰豊を出ると、いい感じに街並みが暗くなっていきます。

ちなみに、台湾は国民の半数はあるという原付大国。
信号が赤になっていると、レース前のように、原付が交差点前方を陣取っています。




画像


今回行った夜市は士林夜市。
日本の祭りの時の出店が、商店街のように続いているって感じかな。

画像


食べ物もあれば、服、お土産など、見て歩くだけで楽しいところでした。
そして、何より、安い!!のですが、ここでは、何も食べませんでした。


空港からホテルに向かう道中のガイドさんもそうでしたが、その後も何人かの現地のガイドさんが言っていたのは、日本人は夜市では食べない方がいいということでした。

それは味が問題ではなく、衛生上のことでした。
実際に夜市で食べてるの人はたくさんいるのですが、ほとんどが現地の人ばかり。
台湾はほとんどが外食で食事を済ます習慣のようで、台湾の主婦はご飯を作ることが少ないとのことでした。

画像


旅行雑誌では夜市でいろんなものを食べましょうって感じで紹介されているけど、現地のガイドさん曰く、どうしても食べたいのなら、旅行最終の夜にして、腹を壊すのを帰国後にしましょう!ということでした(笑)。


夜市では基本、1時間くらい自由行動できるのですが、もっと楽しみたい人は、個々でホテルに帰ることにすれば、そのまま残ることができます。

チョビものんびり廻りたかったで、タクシーで帰ることに。

台湾では日本と比べ、タクシーの料金が安く、今回の旅行でも何度か利用することに。

が、日本語はあまり通じないので、行き先を紙に書いておくか、地図をそのまま見せることをお勧めします。

実際にホテルもグロリア・プリンスでは通じず、台湾名の「華泰王子大飯店(ホアタイワンツターファンティエン)」という必要があり、その後はホテルの名刺を見せることにしました。



タクシーでホテルに戻ってからは、ホテル近くを散策。
夜市で食べれなかったので、料理店を探すことにしました。


大通りには、マック、吉牛など、馴染みのある店もあるのですが、せっかくなので、地元の人が利用する店に入ることに。


そこで、飛び込んだのは、台湾居酒屋。

見た目では分からないけど、明らかにチョビたち以外は台湾の方のようでした。

日本語は通じなかったので、メニューを貰い、指さしで注文することに。

画像


これがメニュー。

漢字なら大よそ解るかなと思ったのだけど、素材が解かる程度で、どんな料理かは想像できないのがたくさん...。


なので、無難に、炒麺と麻婆豆腐と、お店のお勧めを頼みました。


画像


この麻婆豆腐の辛いこと...。チョビの生涯の中で、一番、辛かったと思います。


画像


店は歩道に面していて、チョビが食べているところは実は歩道の上(笑)。

台湾では、どうやら歩道も店の一部のようで、食べているところを、普通に通行人が横切っていくのが面白かった♪


小龍包も、それなりの量があったので、炒麺と麻婆豆腐でお腹いっぱいだったのですが、忘れたころに、お店のお勧めが登場。


画像


確かに美味しかったのですが、予想していたものとは全然違い、しばらく睨めっこをし、なかなか箸をつけることができなかったです(笑)。



とりあえず、こんな感じで、一日目が終了。


二日目は次回へ持ち越されます(たぶん...)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
台北(*⌒▽⌒*)
私も行ってみたい場所の
一つです。
お料理は誰に聞いても美味しい、と
言われますよね〜。
小籠包、私も食べてみたいっ。
あっ、ヨダレが(^^;)
momo
2012/03/12 20:48
>momoさん
さっそく、ありがとです♪
台北は、今まで全くのノーマークでした。
料理は美味しいし、安かったです♪ ただ、ちゃんとしたとこに入らないと、お腹を壊す可能性は大のようです...。
小龍包と一緒に飲む、台湾ビールが美味しかったです(笑)
チョビ
2012/03/12 21:39
日本で食事をしてもちょいちょいお腹を壊す私には到底無理なプランです・・・。
でも小龍包うまそー!!
ところで写真が全体的に暗いっすね。
TAKATO
2012/03/12 22:02
>TAKATOさん
僕もすぐに下痢ピーになるので、その話を聞いたら、とても食べる気がしませんでした。
熱々の小龍包はホントに美味しかったです♪

ほとんど、室内や暗くなってからの写真で、フラッシュ使ってないので、暗い写真が確かに多いですね。こういった、スナップ写真用にデジカメが欲しい今日この頃です...。
チョビ
2012/03/12 22:35
小龍包と麻婆豆腐美味しそう!
プリンスホテルの ”プリンス ”は
やはり ”王子 ”なんですね。
何でも漢字に変えてしまうって日本とは違う
強さみたいなものを感じます。
papa
2012/03/15 09:52
>papaさん
小龍包はお勧めしますけど、麻婆豆腐はやられますよ!!(笑)
ホテル名がレストランみたいで、面白かったです。
読み方も全然違うし、正直、コミュニケーションはもっと取れると思ってました。
チョビ
2012/03/16 19:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
チョビ、台北に行く! 帰ってきたチョビの秘密基地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる