帰ってきたチョビの秘密基地

アクセスカウンタ

zoom RSS 文学と映画と坂の町

<<   作成日時 : 2009/05/09 13:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

画像


目を覚ましたのは、翌朝...。
これだけ見事に寝入ったのは、記憶にない。 
まだまだ眠かったのだけど、この日は尾道を探索しなければ...。


まだ、辺りは薄暗いけど、カメラを持ってホテルを飛び出したのは、6:00ちょっと過ぎのこと。

夜まで雨が降ってたのだろう、路面は濡れていて、空も雲行きも怪しい...。


まぁ、とにかく歩くべし!って感じで進みました。


尾道は大林宣彦監督映画のロケ地で有名。 各地で映画のワンシーンが蘇ってきます。

画像


画像


山陽本線は「転校生」に出てくる。 かなり昔に観たのだけど、なんとなく懐かしい気がしてくる。


他にも「時をかける少女」などの舞台になってるけど、今回の目的は別にあるので、ほんの少し触れる程度でロケ地巡りをしました。

とりあえず、上を目指して歩く。

画像

尾道はこんな道ばっか。  石畳の道がいい味出してます。


画像

けっこうな斜面なので、少し歩くとこんな景色が♪ 

ゴミゴミしてるようで、なんとなくまとまった感もある。


画像

「あの、夏の日 とんでろ じいさん」に出てくるぽんぽん岩。 文学のこみちにあります。


画像

千光寺公園に到着。 ここはさくらの名所百選の1つ。 さぞかし奇麗な風景が観れるのでしょうね。


画像

尾道城。 この辺りから太陽が出てきました♪

あとは、別ルートで降り、いろいろ撮りながらホテルへ戻り、朝食タイム。 あっという間の2時間でした。


11:00にチェックアウトして、もう一度、山頂へ。



画像
途中のお土産屋で、チャイダーを飲んで脱水対策。


画像
次はロープウェイで上を目指します!

画像

所狭しと建物が建ち並び、どこに道があるのか分らない。 迷路みたいなところです。

画像

山頂の展望台から。 う〜ん、いい眺め♪



画像
下りは徒歩で。 再び文学のこみちを通っていきました。


画像




画像



画像


山というか、町というか、ここはホントに目を楽しませてくれます。 歩いてっても全然、苦にならないんですよね。



画像

だから、階段見ると、駆け上がりたくなる!!


画像


画像


てか、この前、キムタクが全力坂やってたの観たので、どうしようもなく...。




あ〜 楽しかった♪









※追記※

尾道にはガイド犬として有名な犬がいます。 僕も会いたかったのですが、今回は縁がありませんでした。

そして、この犬が自ら綴ったブログがあるというので、のぞいてみました。 GWは何をしてたのかな〜っと思って。


この犬は町の商店街のラーメン屋のおこぼれを貰ったりして、地元の人々に支えられて生きているのですが、GW中はどの店も観光客でいっぱい。 

そこで、書かれていたのが、おこぼれにありつけなかったので、迷惑だった...。
また、写真を撮りにくる人たちのことを、うっとおしいパパラッチだと...。


地元の方が、観光客のことを煙たがるという話はよく聞きます。 実際、カメラマンってマナー悪いの多いですから...。


が、そのような言葉を犬自信の言葉として綴られるのは...。

そのホントにブログ書いてる者も、写真バンバン撮ってるわけだし...。 うっとおしいパパラッチとどうちがうのだろうか...。



僕自身はラーメン屋に並ぶし、この犬に会ってたなら、間違いなくパシャパシャしたでしょう。

もしかしたら、その行為は、その犬にとって迷惑かもしれませんが、一人の人間が代弁者気取って、公の場で言葉選ばずに話すのは、ちょっと残念なことだと思いました。


そのブログ観て、ドビンちゃんに会いに行こうと思う方もいると思います。 
だから、旅行を楽しんだ方たちが、後味悪くならないような記事を書いていってほしいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
そうそう確か猫の町でもあるんですよね。

尾道行って見たいですね。
うちにはなぜか大林監督の色紙があります。
takuro
2009/05/09 21:01
確かにそこに住んでいる人にとっては、チョビさんが撮った場所もただのありふれた路地だったりしますからね。
さらにマナーの悪い観光客なら迷惑に感じる方もいるかもしれませんね。
・・・まぁ確かに気に障る書き方ですけど^^;

ネコの像がアチコチにあるんですね。
じゃぁそろそろですかね?
hoki
2009/05/09 21:07
尾道の街並みが良いですね。
私も階段を駆け上がりたい気分になりました。
地元の方々は全て歩き・・・が基本なのでしょうね。
それぞれの土地の特色があって、面白いですね。

ここまで広がった情報社会。
チョビさんが言われるように、『言葉』は大切だと思います。
どの立場においても『マナー』は大事ですよね。
momo
2009/05/09 21:55
>takuroさん
そうそう、猫の町でもあるのですよ。 ってか、それ言ったらダメですよ!! 次のネタなんですから〜(笑)

関東から尾道は、それこそ一日コースですね。 でも、ツアーなんかも良いかもしれませんね。

大林監督の作品は「転校生」と「時をかける少女」しか知らなかったりします...。
チョビ
2009/05/09 22:10
>hokiさん
観光で育成を立ててない方たちにとっては、マナーの悪い観光客は面白くないでしょうね。 でも、多くの観光客は文字通り、お客なので、言い方には注意して欲しいです。 あれは、ドビンちゃんのイメージを絶対に悪くする!! それが残念でした。

そろそろです...。 でも、期待されない方がよいですよ(笑)
チョビ
2009/05/09 22:14
>momoさん
なんか、石畳と港の見え方が素敵なんですよ。 momoさんとnya-♪さんなら一日中歩いてると思いますよ!!

そうなんですよ。 ここでは自転車はキツイと思います。 皆さん、車はどうしてるのだろうか?

自分の言葉を動物の気持ちに置き換える...。 せめて、柔らかい言葉で伝えられればよいのにと感じました。
チョビ
2009/05/09 22:26
よい街並みですね〜♪
今度、妻の実家へ帰った時は
尾道で途中下車してみよ〜っと♪

お地蔵さん、どうやって入れたんでしょうね?
すごく大きな木に見えますが。。

雪ん子
2009/05/10 19:25
美しい町並みですね。
美しい町並みや緑の自然など少し都会を離れると心落ち着く場所がいくつもあります。
しかしそこで暮らしているとその良さに気がつかないことが多いですよね。
いや・・都会にも隠れた癒しスポットがいくつもあるのに気づいてないだけなのかも?
カメラが趣味の人はそういったものを見つけることに長けていると思います。
TAKATO
2009/05/10 23:30
>雪ん子さん
尾道は鞆の浦とはまた違った港町ですね。猫のためだけに、ここの決めました!
是非、次は行ってみてください!!

地蔵さんが入ってるのは、岩なんですよ。 山の一部で、ホントに山自体がアートって感じでした。
チョビ
2009/05/11 02:45
>TAKATOさん
座って休めるところが所どころにあって、絶景が眺めます♪ 蝶もいて、時間があればあるだけ居れるところでした。 また、行きたいです。時間と気合があれば...。

灯台下暗しですね。 名古屋なんかはカメラ持って出掛けないですけど、僕の知らない癒しのスポット、きっとあるのでしょうね。
カメラやってると、細かいところにも眼を向けるようになるのですが、視野が狭くなってしまうのが欠点です。 ファインダーばかり覗いてて、見逃してたことも多くあったかと思います。
チョビ
2009/05/11 02:53
近づいてる近づいてる♪
(←…高まる期待♪)


私も『転校生』と『時をかける少々』しか知らないなりー…でも、『尾道』の響きが何とも好き♪

行って見たいnya-♪
nyanya-ri♪


momoさんと計画立てようかな?…っていうか、momoさん乗ってくれるかなー(=^_^=)w

nya-♪
2009/05/14 01:54
>nya-♪さん
次ですね♪

尾道... 知り合いにGWに尾道に行ってきたと話しても、ほとんどが知りませんでした。 尾道はメジャーな観光地ではないけど、素敵なところでした♪

momoさん乗ってくれると思いますよー♪ 是非、人と猫が暮らす山をお二人で歩いてみて下さい!!
チョビ
2009/05/16 10:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
文学と映画と坂の町 帰ってきたチョビの秘密基地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる